印刷と解像度の関係性

印刷時の解像度に関して

写真を残すための方法

印刷に適した解像度とは 

印刷用のデータを作成する際に、気を付けなくてはならない事のひとつに「解像度」があります。解像度が低い状態で入稿をしてしまうと、印刷した際に仕上がりが粗くなってしまう事があります。綺麗な仕上がりを望むなら、データを作成する時はカラー原稿の場合は300dpi~350dpi程度、カラーモードがグレースケールの場合は600dpi程度、モノクロ2階調の場合:1200dpi程度の密度で画像データの制作を行うと失敗無く入稿する事が可能です。この「dpi」の設定方法は、ご使用されているアプリケーションソフトによって違います。印刷時に使用方法をよく確認してからデータ作成を行う事が大切です。

印刷の解像度について 

ビジネスにおいては、印刷の精度によって仕事の効率や効果が分かれてくるものです。重要な資料や顧客に見せるものであれば、鮮明に見える方が確実にいいからです。このように、日常的に使用するものは特にその品質にこだわることが必要であります。細かいことに気配りできているからこそ仕事もうまく行くようになるでしょう。印刷は現代でもどこの職場においても使われています。だからこそ、解像度がよく鮮明に写っている資料を見せられては、顧客もその会社に対する印象が良くなるのです。ですからこのようなことは細かいことでも気にしておいた方がいいでしょう。

印刷写真