印刷を失敗しない方法

印刷の時に気を付けること

写真を残すための方法

印刷する際に気を付ける事 

原稿やハガキなど印刷した場合に斜めに仕上がってしまう場合があります。元の原稿が傾いている事も考えられます。記録紙は反っていないか、曲がっていないかを確認する必要があります。幅や長さが機械にあっているかも重要です。無理に記録紙を押し込まない事、記録紙を入れすぎない事、また、給紙ローラーに汚れがあると、用紙が滑って給紙されるので、斜めに印刷されてしまったり、紙詰まりをおこしてしまいます。記録紙を手で支えながら給紙すると、より確実に真っ直ぐになります。また、機械に詰まった紙や破れている紙がないか確認する事も重要です。

プリンターでの印刷時に斜めに 

自宅や職場でプリンターを使用する事は一般的になりましたが、使用上の問題も様々あります。用紙の量や紙質などによって、紙がまっすぐに配給されず印字が斜めになる事も良くあり、大事な文書の場合は困ります。そのような文書の印刷には細心の注意をはらいたいものです。重要なプレゼンなどで部数がいる場合などはもちろんですが、手軽に素早く仕上がる印刷会社を賢く利用するのもビジネスの上では大事な事です。無駄な時間を使わずに、プロに任せてスムーズでハイクオリティなものを作り上げれば社内での評価もアップすることでしょう。

印刷写真