縮小印刷に関して

縮小印刷の注意すべき点

写真を残すための方法

縮小印刷で注意すべき点 

原稿を大きく作成し印刷時に縮小することはよくあります。その際に注意すべき点は文字の大きさと書体の選択です。当然のことながら大きく原稿を作成するので、最終的なサイズをイメージしているはずですが、書体によっては文字が判別できなくなるのです。縮小印刷は原稿をまるごと指定した縮尺で小さくするため、ひらがなですら判別できなくなることがあります。また同じ大きさの文字を指定しても書体によっては画数の少ないひらがなでも判別できなくなります。漢字に至っては画数の多い文字はただの■になりかねないのです。カラーや白抜き文字など色の選択も重要になりますが、まずは仕上がりサイズをイメージして原稿を作成するようにしたいものです。

プリンターで縮小印刷について 

家庭用プリンターや業務用プリンターなどで紙を出力する場合、等倍で出力すると紙の無駄になってしまいます。パソコンなどでプリンター出力するときに、プロパティなどで縮小印刷を選択することによって、等倍で出力するよりも紙の無駄がなくなります。等倍で2枚出力しなければならない原稿であっても、縮小を選択することによって1枚の印刷で済むので、紙の使用量が2分の1にすることができます。また、出力した用紙が2枚になるとホッチキスなどで綴じなければならず、その作業をするために従業員に作業させなければならないので無駄な人件費がかかってしまいます。印刷の使い方を学んで無駄を省きましょう。

印刷写真